アスリートさんやダイエットにオススメ!低糖質ベーグルのレシピ

アスリート ダイエット 低糖質 ベーグル レシピ 作り方
この記事は約5分で読めます。

今回は、アスリートさんやダイエットに
オススメの低糖質ベーグルのレシピを
公開していきます!

私はアスリートではないのですが、
年中無休でダイエット中…。

でも、ダイエット中でも甘いものって
食べたいですよね。

今回は、アスリートさんにも絶賛された
低糖質ベーグルのレシピと作り方
ご紹介します!

ベーグルのレシピ

まずは基本のレシピから。

インスタントオーツとは、
オートミールを粉末状にしたもので
ネットなどで購入が可能です。

粉の割合に関しては、「注意点」を
参考にしてくださいね!

レシピ

材料

強力粉 250g
インスタントオーツ 50g
4g
砂糖 15g
イースト 3g
170〜180g

A ゆで用

ハチミツか砂糖 大さじ1
お湯 なるべく多め

作り方

※生地のこねに関しては
手の都合上写真が撮れませんでした。

生地

A以外の材料を全部ボウルに入れて混ぜ、
生地がまとまってきたら
生地の表面が滑らかになるくらいまでこねる。

目安としては手にくっついてこなくなるくらいまで。
室温などによりいつまで経ってもいうこと聞かない場合は
少しづつ強力粉を足してあげてください。
最後は諦めも大事です。

丸めて1次発酵

アスリート ダイエット 低糖質 ベーグル レシピ 作り方

室温25℃で20分放置か、
オーブンに発酵機能があるなら35℃で10分でOK

(私はめんどくさいのでやりません。)
※この発酵をやらなければモチモチに、
発酵させるとふわっとした食感に焼き上がります。

ベンチタイム

6等分にし、10分放置。
この時、天板にクッキングシートを敷いて
その上に並べていくと片付けが楽です。

放置すると少し生地が扱いやすくなります。

乾燥しないようにラップをふわっとかけておきましょう。
※きっちりラップするとあとで剥がすの大変。

成形

2通りやり方を紹介します。

ひとつは王道のやり方。

アスリート ダイエット 低糖質 ベーグル レシピ 作り方

棒状に生地を伸ばし、片方をつぶす。
反対側の生地を包みこみ、
閉じ目はつまんでくっつける。
正直めっちゃめんどくさいです。

もうひとつはズボラな方法ですが、
仕上がりに特に差はありませんし、
何より楽です。

アスリート ダイエット 低糖質 ベーグル レシピ 作り方

生地を丸めて、真ん中に指を突き刺し、ぐるぐる回す。
ちょっと穴広いかなーくらいまで穴を広げていく。
これだけです。
(私は毎回こっちです)

※どちらも穴は広いかなーくらいまで広げる。
※仕上がりも味も変わらないのでお好みで。

アスリート ダイエット 低糖質 ベーグル レシピ 作り方

発酵タイム

室温25℃くらいで20分放置か、
オーブンに発酵機能がついているなら35℃で10分でOK。

室温がわからない・めんどくさい場合はこちら↓

オーブンを200℃で予熱開始。
生地は天板に並べてあると思うので
ラップをまたふわっとかけて
予熱しているオーブンの上に置く。
これで短時間で発酵ができます!

時間は5分〜10分。
気持ち膨らんだ?くらいで十分です。

オーブン準備

オーブンの予熱を始めたら、
鍋にたっぷりのお湯を沸かします。

といっても、沸騰させてしまうと
ベーグルのあの食感は出せないので、

鍋の底からプツプツ小さな泡が出てきてるな〜
くらいをキープしてください。
(温度で言うと60℃くらいらしいです)

ケトリング(茹でる)

多分、お湯が沸いた頃には10分弱が経っています。
時短発酵をしている場合はちょうどいい時間ですね。

このお湯にお砂糖かハチミツを入れると、
焼き上がりにツヤが出せます。
入れ忘れても大丈夫です。
ツヤは出なくなるけど。

生地をひとつずつお湯に投入し、
1分程度茹でます。

この時、常にお湯はかき回しておかないと
鍋の底に生地が張り付いてしまいます。
張り付かないように、
おたまや網などでお湯を動かしてください。

茹でたら水気をなるべく切って、
天板の上に戻します。

焼く

おそらくこの頃にはオーブンの予熱が終わっているので、
13〜15分に時間を設定して焼き上げて完成です!

※オーブンによって焼きムラや焼き色に差が出ることがあります。

オマケ

5のケトリングの際、
フライパンで片面ずつ茹でる方法があります。

その際は片面1分で茹でてください。

ひっくり返す手間は増えますが、
お湯が大量に必要ないことと、
生地が底に張り付いても剥がしやすいので
被害が小さめになります!

注意点

ダイエット中の方だと

「小麦粉を使いたくない!」
「砂糖を使いたくない!」

と言う方もいると思います。

もちろん、私も試してみて
非常に苦い経験をしています。

なので、こちらの注意点はぜひ一度
目を通してみてくださいね。

強力粉とオーツの割合はお好みで

私はこれくらいの方が
弾力的に食べやすくて好きです。
全部オーツにしてしまうとカッチカチになるので
好みの配合を見つけてください!

砂糖は低カロリー甘味料には置き換えない

砂糖はイーストの栄養源になるので、
低カロ甘味料に置き換えると
膨らまずにすんごく硬くなります。

水は重さで計って

これは重さで測ったほうがわかりやすいから。
お菓子作りやパン作りの基本でもあるので、
覚えておくと楽ですよ!

また、室温などによって多少生地の状態が変化するので
様子を見つつ、少しづつ足していきましょう。

低糖質ベーグルのレシピのまとめ

ここまで、アスリートさんや
ダイエットにオススメ!
低糖質ベーグルのレシピ
紹介してきましたが
いかがだったでしょうか。

このレシピは某競技の選手の方からも
絶賛をいただいたレシピ。

体重管理の厳しいアスリートでも、

「自宅で手軽にベーグルが食べられるなんて!」

ととても喜んでいただきました。

もちろん、インスタントオーツを無しにして、
その分を強力粉で作れば普通の
ベーグルとしても美味しくいただけます。

コロナ太りが気になる方や、
体重管理が必要な方にオススメの
低糖質ベーグルなので、
ぜひ作ってみてくださいね!

 

キーワード

アスリート,ダイエット,低糖質,ベーグル,レシピ,作り方

コメント

タイトルとURLをコピーしました